Powered by テンプR&D

Menu
  • 人生
  • エンタメ

研究室で生まれる恋愛“らぼ☆LOVE”のリアルに迫る!【エピソード編】

2,452 Views

学生時代の研究室での恋愛事情をまとめた本連載。前回は「数字編」と題して、理系の研究室を卒業した165名にアンケートを取ったところ、同じ研究室内で恋をした経験がある人は37%、4人以上と付き合ったことがある猛者も21.3%(女性に限定すると69.2%!)いることがわかりました。今回は、そんな“らぼ☆LOVE”のさらなる深淵を、具体的なエピソードからのぞいてみましょう。(リケラボ調べ/アンケート協力:ファストアスク/一部周辺取材)

 


頻繁に会えるのがうれしい反面、いつしかそれが重荷になることも……


 

Q. 研究室内で恋愛をすることのメリットは、何だと思いますか?(複数回答)

 

理系の学生にとって、もっとも手近かもしれない研究室での恋愛。特に付き合いはじめは、たくさん会えるメリットを実感するようです。会う機会が多いうえ、共通の話題にも困らない”らぼ☆LOVE”は、発展が加速しやすい環境だといえそう。実際にこんなエピソードも。

 

「研究内容でアドバイスをもらったり、合間にごはんや飲みに行くのが幸せだった」

「泊まりがけでの夏合宿など、イベントを楽しむことができた」

「2人で夜遅くまで研究室に残って、語り合った」

「毎日、長い時間一緒にいられるから、さみしくない」

「好きな人と一緒に研究をして、一緒に帰る、楽しい日々を過ごせた」

 

みなさん存分に、幸せな想い出を振り返ってくれた様子。では、デメリットは何でしょう?

 

Q. 研究室内で恋愛をすることのデメリットは、何だと思いますか?(複数回答)

 

たくさん一緒にいられるのがメリットかと思いきや、一転してデメリットにもなりえるのが怖いところ。人間関係が濃密なだけに、別れたあとの気まずさもパンチが効いています。また、付き合っているときでも、頻繁に顔を合わせすぎるのはしんどいという声も……。

 

「周りにすぐばれる。教授にもばれた」

「相手に『好きな人がいる』『彼女ができた』などの情報が、聞きたくなくても入ってくる」

「女性が少ないので、恋愛する相手がかぶる」

「関係が壊れるのが怖くて、結局告白できず、付き合うまでに至らなかった」

「大ゲンカをした翌日も、協力して実験せねばならず、めちゃくちゃ気まずかった」

 


困ったカップル多数!? いちゃいちゃしすぎも、しなさすぎも、トラブルの元に


 

さらに見逃せないのは、目撃情報。そこかしこにカップルが生まれる環境では、迷惑をかけられたという声も少なくありません。研究室内カップルの振る舞いで、印象的だったエピソードを聞いてみました。

 

「先輩が実験中もカップルリングをつけたままにしていたため、指摘したら怒られた」

「夜に研究室へ行ったら、ソファーでいちゃいちゃしているのを見かけてしまった」

「付き合っていることがみんなにばれているのに、本人たちは隠そうとしていて、扱いが面倒だった」

「先輩カップルがみんなの前ではあまりにも話さないため、逆に研究室内がぎこちなくなったと聞いたことがある」

 

四六時中一緒にいるからか、はたまた若さゆえか、ついラブラブがとまらなくなる恋人たちが多い様子。人間関係を考えるあまり、逆に面倒なことになっているケースも目立ちます。ただし「とても自然に付き合っており、周りともうまくやれていて、楽しそうだった」「卒論など、2人で仲良く頑張っていた」という声もあり、困ったカップルばかりではなさそう。

 

悲喜こもごもの”らぼ☆LOVE”事情。でも、そんななかから永遠の幸せをつかんだカップルもいるようです。次回は、そんな学生時代の”らぼ☆LOVE”から結婚に至ったカップルの声をお届けします。お楽しみに!

 

(リケラボの更新情報は、テンプR&D公式Facebookページに「いいね!」でフォローできます。トップ画面にもバナーがあります♪)

 

著者プロフィール:

リケラボ編集部

理系の学生/社会人の方が、ハッピーなキャリアを描(えが)けるように、色々な情報を収集して発信していきます!
こんな情報が知りたい!この記事についてもっと深く知りたい!といったリクエストがありましたら、
お問い合わせボタンからどしどしご連絡ください!

同じカテゴリの最新記事

注目の記事

今月のアクセスランキング