Powered by テンプR&D

Menu
  • エンタメ

実験の必需品キムワイプ。「ザラザラ」「毛羽立ちにくさ」「立方体」の秘密etc…気になるあれこれを聞いてきた!

921 Views

実験器具の拭き取りに欠かせない存在として、長年愛されている「キムワイプ」。吸収性の高さや毛羽立ちにくさなど使い心地の良さはさることながら、あの絶妙なサイズ感やザラザラした触り心地、そして緑色のカーブが描かれたパッケージに、無性に愛着を持っている人も少なくないのでは? “理系あるある”ネタの定番にもなっていたり、緑色のラインが入っているものを見かけるとついつい連想してしまったり……。とにかく私たちの心を掴んで離さない、不思議な魅力が詰まった「キムワイプ」……。

そんな「キムワイプ」の魅力に迫るべく、製造元の日本製紙クレシアに突撃!お出迎えをしてくれたのは、なんと……キムワイプさんご本人!?今回はキムワイプさんに、誕生の歴史や使いやすさの秘密、実は最近進化を遂げていたというあるポイントなど……「キムワイプ」の意外と知らなかったお話をいろいろ聞かせてもらいました!!

 

1969年に誕生し、今年で50周年

 
──今では研究に携わる人たちの間で当たり前の存在となっているキムワイプですが、いつ・どんなふうに誕生したのですか?

キムワイプさん:当社の技術提携先であるアメリカのキンバリー・クラーク社が、第二次世界大戦中に光学レンズの拭き取り用に開発したのが始まりです。「キムワイプ」の製品名は、「キンバリー(Kimberly)」の“kim”と、「拭く」という意味の“wipe”を合わせて名付けられています。

もともと、キンバリー・クラーク社は理美容向けとしてお客様の首に巻く紙製品を1924年に発売していました。その後大戦中にさまざまな物資が不足するなか、レンズの研磨技師が布の代わりにその紙を使用していたというのがきっかけとなり、1942年に「キムワイプ」が誕生したと聞いています。

 
──日本で発売したのはいつごろだったのでしょうか?

キムワイプさん:1969年です。当社とキンバリー・クラーク社との提携により日本でもキムワイプが販売されるようになりました。日本では当初から実験器具の拭き取り用製品として展開され、今では産業用ワイパーとして定着し、多くの研究室や工場、病院などでご使用いただいています。キンバリー・クラーク社はグローバルに拠点を持っているので、キムワイプそのものは世界で広く販売されています。ですが、国ごとに少しずつ違いがあるんですよ。

 

「ザラザラ感」「毛羽立ちにくさ」「絶妙なサイズ感」の秘密

 
──キムワイプといえば、ザラザラとした触り心地が特徴的です。あの質感には何か理由があるのですか?

キムワイプさん:キムワイプ独特のザラザラした質感は、独自の「クレープ加工」によって細かいシワをつけることで生まれています。これは日本のキムワイプ独自の製法です。このシワには、紙をふんわりとさせたり、吸収したものをシワの間に閉じ込めて逃しにくくし、拭き取りやすくする役割があります。

 
──もうひとつの大きな特徴である「毛羽立ちにくさ」は、どうやって実現しているのですか?

キムワイプさん:詳しくはお伝えできないのですが、基本的には素材の特性を利用しています。紙が木でできていることはみなさんご存じかと思いますが、木のなかでも、広葉樹由来の繊維は比較的短いのに対して、針葉樹由来の繊維は、長く、発塵しにくい特長があります。一般的なティッシュペーパーなどのやわらかい紙には広葉樹の繊維が使われることが多く、キムワイプの場合は針葉樹の繊維を多めに使うことで、発塵しにくい紙となっています。

 
──ちなみに、あの絶妙なサイズ感になったのはどうしてなのでしょうか?

キムワイプさん:定番サイズの「S-200」のことですね。これは、実験室で作業の邪魔にならずコンパクトにお使いいただけるように立方体に近いパッケージになっています。

他にもティッシュほどの大きさの「M-150」や、さらに大きな「L-100」、小さめの「S-200 mini」など、サイズのバリエーションがあります。広い範囲を拭きたいときや、実験器具の水切りとして敷きたいときは「M-150」や「L-100」、細かい部分をちょっとだけ拭きたいというときには「S-200 mini」というように、用途に応じて使い分けていただけるようになっていますが、やはり一番人気はずっと「S-200」ですね。

シートサイズや性能、使い勝手などさまざまな要素を考慮して、最終的に「ベストバランスはS-200だ」と選んでいただいているのではと思います。

 
──ホームページを見たら、「キムワイプ S-250 リントガード」という製品もラインアップに加わっているのを目にしました。これはどんな違いがあるのでしょうか?

キムワイプさん:「キムワイプ S-250 リントガード」は、リント(=塵)の発生を防ぐことに特化した製品です。通常のキムワイプと紙質が違っていて、ザラザラ感がありません。キムワイプを愛用されている方は、おそらくこれを触っても「キムワイプじゃない」とおっしゃるのではないかと思います(笑)。

 
──日本でも使われるようになって今年で50周年を迎えるキムワイプですが、テクノロジーの変化などに伴い、何か進化を遂げているポイントはあったりするのでしょうか?

キムワイプさん:中身のシートに関しては、50年間変わっていません。

というのも、何かが変わると実験の結果に影響が出てしまう可能性がゼロではないため、紙の品質については「変わらない」ということが価値になっている面もあるからです。

ですが、使いやすさの面では2017年にいくつかリニューアルしました。取り出し口を少し広げてシートをスムーズに出せるようにしたり、箱にミシン目を入れることで捨てるときに畳みやすくしたりしています。ちなみに、取り出し口が広くなったことでシートが箱にこすれにくくなり、発塵もより少なくなりました。

広くなった取り出し口

側面と底に付けられたミシン目。使い切ったあと箱を開きやすくなった。

親指が入る切り込みが作られ、より開けやすくなったという進化も。

現在は、50周年を記念した特別デザインパッケージの商品を発売中です。

 

家庭にティッシュ、実験室にキムワイプ

 
──キムワイプのない実験室はないといっても過言ではありませんが、誕生以来、ここまで世の中に浸透するまでの経緯はどのような感じだったのでしょうか?

キムワイプさん:現場の営業担当者が全国の研究室をくまなく回ったことが大きいのだと思います。

そして、実際に使っていただいて、吸収性の良さや発塵の少なさ、実験で使うことへの安心感など、品質的な評価をいただけている結果だと思います。

キムワイプが誕生したのは1969年で、ティッシュペーパーが生まれたのは1964年。日本で初めてティッシュを発売したのもキムワイプと同じ当社なんです。今ではほとんどのご家庭で当たり前のようにティッシュが使われているかと思いますが、誕生時期はキムワイプとそれほど変わりません。そう考えると、世の中にティッシュが広まったのと同じように、キムワイプも実験の現場で当たり前のようにお使いいただけるようになったのかもしれません。

それから、嬉しいことにパッケージの色や形にもすごく愛着を持ってくださる方が多い……というのも、たくさんの方に使い続けていただいているひとつの理由になっているのではと思っています。

 
──確かに、ラボ以外で、例えばホームセンターなどでキムワイプが売られているのを見かけると、嬉しくてテンションが上がります!それに緑色・黄緑色のラインを見るとついキムワイプを連想してしまいます。

キムワイプさん:SNSでも、「電車がキムワイプカラーに見えた」など、色のイメージに関する投稿を非常に多くしていただいています。そういう意味では、この色合いが研究者のみなさんの心を癒やしているのでは……という説もあります(笑)。「実験室にいると白や黒のものに囲まれるので、そこにキムワイプの緑があると印象に残るし、癒やされる」というような声をいただくことも多いんです。

 
──ちなみに、あの色合いとデザインになったのはどうしてだったのですか?

キムワイプさん:発売当初から緑色は使われていて、途中で現在のデザインに変わったのですが……いつから今のデザインになったのかについては実は記録が残っていないんです。でも、おそらく30年以上は今のデザインが使われているかと思います。弧を描いているデザインは拭くときの動きをイメージしていて、ほかのワイパー製品にも同じようにカーブを描いたデザインがよく用いられています。

 

ふと気がつけばいつもそこにある安心感(を目指して)

 
──SNSやブログなどで積極的にプロモーションを展開していらっしゃいますよね。でも一方で、これだけ普及していたらもう宣伝の必要はないのでは。。とも思ってしまいます。

キムワイプさん:発売以来50年、おかげさまで、キムワイプは本当に多くのファンの方にご愛用頂いています。その感謝の気持ちをお伝えしたいということが大きいですね。同時に、「この先の50年も今と変わらず使い続けていただきたい、いつまでも愛され欠かすことのできない存在でありたい」との想いを込めて、いろいろな発信やコミュニケーションをさせていただいています。

SNSでキムワイプについてたくさんの投稿をいただいているのも、とてもありがたく嬉しく感じています。中には本来の用途とは違った使い方をされている投稿もあるので、メーカーとしてはコメントできないことも多いのですが……(笑)。投稿のひとつひとつに皆様からの愛を感じて、いつも感動しています。

キムワイプは、これからもこの先も、研究を頑張っている皆様をいつもそばで応援していきたいと思っています。キャンペーンの景品を、研究室で使えるものや長く身近で役に立てそうなものにしているのもそのためです。

全部欲しいです!!

 
──今後の展望があれば教えてください!

キムワイプさん:当社は、キムワイプのほかにも時代の変化に対応しながらさまざまなワイパー製品を作ってきました。ですが、やはり品質や作業性、使い勝手の良さなどさまざまな面を考慮しても、研究室でベストマッチするのはキムワイプだと思っていますし、多くの方にそう思っていただけているのではないかと感じています。

先ほどもお話したように、シートに関しては“変わらない”ことも価値のひとつになっているため今後も大きな変更はないかもしれませんが、一方で“より良いキムワイプ”を追求していかなければならないとも思っています。使いやすさであったり、紙質も含めて、これからもお客さまが本当に求めるキムワイプを追求していきたいと考えています。

 
──これまで当たり前のようにキムワイプを使ってきましたが、ザラザラの理由や毛羽立ちにくさの秘密、誕生の歴史など意外と知らなかったことも多く、お話を聞けてうれしかったです! 改めてキムワイプ愛が増しました!今回は貴重なお話をありがとうございました!

☆キムワイプ誕生50周年記念 ワイ!ワイ!キャンペーン実施中!
2019年で誕生から50年を迎えたキムワイプ。この節目を記念して、オリジナルグッズがもらえるキャンペーンを実施中とのこと! キムワイプユーザーにはたまらないデザインのものばかりです。詳細はキャンペーンページをチェック!
〈第6弾ワイ!ワイ!キャンペーン特設サイト(応募締切:2019年9月30日)〉
https://www.boxwiper.jp/

関連記事